日本産トビムシ


トビムシは「陸のプランクトン」とも呼ばれる陸生の小型節足動物です。熱帯から極地、波打ち際から高山帯まで広く生息しています。土壌では、種数・個体数ともに多く、養分のリサイクルや微生物のコントロールに関わっています。トビムシの多様性は環境指標として、自然の豊かさや環境汚染影響の評価に利用されています。

本プロジェクトでは日本産トビムシのDNAバーコード情報の蓄積をすすめるとともに、生態学的特性情報を取得し、情報処理システムを開発します。DNAバーコードを読めば、種名だけでなく、生態や生息環境についての情報も得られる。そのようなシステムの開発を目指します。

連絡先

横浜国立大学 中森泰三
E-mail: taizo [at] ynu.ac.jp

横浜国立大学 藤井佐織
横浜国立大学 金子信博
琉球大学 齋藤星耕
琉球大学 青山洋昭

ページの先頭へ戻る