アーカイブ: 2012 年

The Barcode Bulletinの3号が公開されました

iBOLからThe Barcode Bulletinの3号が公開されました。
今年のバーコーディング関連の話題が取り上げられています。

PDFへのリンクです。
PDF

詳細を見る

第5回国際バーコードオブライフカンファレンス

第5回国際バーコードオブライフカンファレンスの日程が発表されました。

第5回は中国の昆明市で2013年10月27-31日に開催されます。

詳細を見る

Consortium for the Barcode of Life (CBOL) がGoogleから300万ドルの資金援助を受けました。

世界で絶滅の危機に直面している野生動物を保護するためにすぐに利用できるツールとしてGoogleはCBOLへDNAバーコーディングの開発と導入に300万ドルの資金を寄付しました。 詳しくは以下のリンクを御覧ください。

CBOL

Google グローバル インパクト アワード

詳細を見る

ニホントカゲは2種にわかれる

従来日本列島に広く分布するとされていた「ニホントカゲ」が,東日本と西日本で遺伝的系統に分化しており,西日本のものが狭義のニホントカゲであり,東日本のものは未記載種であることをバーコードおよび形態からあきらかにしました。

A new cryptic species allied to Plestiodon japonicus (Peters, 1864) (Squamata: Scincidae) from eastern Japan, and diagnoses of the new species and two parapatric congeners based on morphology and DNA barcode TAKU OKAMOTO & TSUTOMU HIKIDA

アブストラクトが公開されています。 PDF

詳細を見る

日本産コメツキムシバーコーディングプロジェクト

日本産コメツキムシバーコーディングプロジェクトのページを更新いたしました。

コメツキムシは日本から123属771種387亜種が記載されています。 2012年11月16日現在、そのうち88属256種48亜種(合計697バーコード)の取得が終わっています。

詳しくはプロジェクトメニューから日本産コメツキムシバーコードプロジェクトのページをご参照ください。

詳細を見る

BOLD Systemsの手引き書最新版が公開されました。

BOLD Systems Ver. 3の手引書が更新されました。 以下をクリックするとPDFが開きます。

Barcode Of Life Data Systems Handbook

詳細を見る

フカヒレスープに絶滅危惧種

高級中華料理の定番、フカヒレスープ。スープに使われているサメの種類は一般には知られていません。フカヒレスープの材料となるサメのヒレはサメの捕獲後切り取られ、天日干しされ、表面の皮膚を取り除くために薬品処理をされます。スープになった段階では見た目で種類を区別することはできません、また薬品処理およびスープにする過程での熱処理により通常の方法でのDNA増幅は難しい事がわかっていました。

非営利NGO組織ピュー・チャリタブル・トラスツ(Pew Charitable Trusts: 以下トラスト)のプレスリリースによると、トラストのサポートを受けているニューヨーク州立大学ストーニブルック校とフィールド自然史博物館により、フカヒレスープからDNAを増幅し、分析することに成功しました。今回このグループは新たな手法を開発し、DNAの増幅に成功しました。その結果14の料理店の51杯のスープから最低8種のサメが使われている事がわかりました。そのうちの2種は絶滅危惧種であるシュモクザメの仲間である事がわかりました。 詳しくはプレスリリースと紹介記事を御覧ください。

プレスリリース
New DNA Study Reveals Fins of Endangered Shark in U.S. Soups

概要をまとめたPDFはこちらPDF

詳細を見る

ホームページのデザインがかわりました。

このたび、日本バーコードオブライフ・イニシアチブのホームページをリニューアルしました。

詳細を見る

菌類のDNAバーコーディング領域はITSから

このたび菌類DNAバーコーディングコンソーシアムによってITS領域を菌類の標準バーコーディングの第一候補する案が米国科学アカデミー紀要に掲載され、CBOLに提案されました。

こちらはオープンアクセスとなっております。

Nuclear ribosomal internal transcribed spacer (ITS) region as a universal DNA barcode marker for Fungi

詳細を見る

BOLD Systemsの新バージョン公開

DNAバーコードのライブラリ・プロジェクト管理・および同定支援システムを含む情報システムBOLDの新バージョンが公開されました。 昨年度の国際バーコードカンファレンスでBeta版が公開されていたBOLD Systems Ver. 3が正式版として公開されました。

Barcodeを使った同定は上部メニューのIdentificationから行うことができます。

BOLD Systems

詳細を見る
ページの先頭へ戻る