The International Barcode of Life Project (iBOL) 正式立ち上げ

9月25日(土)にカナダ・トロントにて、国際バーコードオブライフプロジェクト
(The International Barcode of Life Project: iBOL)が正式に立ち上げられ、記念式典が行われました。


iBOLは地球上の既知の全生物のDNAバーコードをデータベース化することを最終目標とする非営利の国際プロジェクトで、26カ国のメンバーによって立ち上げに向けた準備が進められてきました。

iBOLでは2010年から2015年までを第1期としています。
現在、Canadian Centre for DNA Barcoding (CCDB) などによって8万種、100万標本のDNAバーコードが収集されていますが、iBOLでは第1期終了までにバーコードオブライフデータシステム(Barcode of Life Data Systems: BOLD)のデータバンク上で50万種、500万標本のDNAバーコードが利用可能となることを目標に活動を行っていく予定です。また、実用化のための情報システムの整備や技術開発もあわせて行っていきます。

公式サイト上でのニュースリリースは こちらをご覧下さい。

式典を記念して、トロントタワーがDNAバーコードを模してライトアップされました。

ページの先頭へ戻る