The Barcode Bulletin 第6巻1号が公開されました

iBOLからThe Barcode Bulletinの2015年3月号が公開されました。

“News”では、2015年8月18-22日に開催予定の第6回国際バーコードオブライフカンファレンスの詳細が書かれています。

“Feature”では、マレーシアのいくつかの小学校で行われているチョウのDNAバーコーディングによる同定とモニタリング調査プログラムが紹介されています。

“Reseach”では、フランス北西のイロワーズ海の捕食者2種(ハイイロアザラシとネズミイルカ)の食性をDNAバーコーディングによって明らかにした研究、病原体とそれを媒介する昆虫のDNAバーコード情報の収集に関する研究(1403 parasite & vector speciesのうち597種のバーコードしかBOLDに登録していないことを指摘したレビュー論文)、ヨーロッパの甲虫やカナダの植物のバーコード領域を網羅的に収集した研究論文を紹介しています。

“Barcode Applications”では、アフリカの魚のひれを餌としている魚の種間関係をバーコーディングによって明らかにした研究や、ブラジル政府と大学とバイオ関連会社とが連携して魚市場に出ている誤表示を取り締まるといった取り組みについて紹介されています。

恒例のバーコーディング関連の論文数は、3月までに4015件で着実に増えているようです。

ぜひご覧ください。

PDFへのリンクです。
PDF

ページの先頭へ戻る