DNAバーコーディングの概要

DNAバーコーディング DNA barcoding

特定の遺伝子領域の短い塩基配列(DNAバーコード)を用いて生物種の同定を促進するテクニックです。

種の違いを反映しているような遺伝子領域を標準的なDNAバーコードとして用いることで、DNA配列を用いて種名を特定することが可能です。
また、商品バーコードから商品名や価格などの付随する情報を読み取るように、他の様々な情報と組み合わせることによって新種の発見などにも役立ちます。

動物では、ミトコンドリアゲノム上のCOI遺伝子の5’端約650塩基長が標準的なバーコード領域とされています。

DNAバーコーディングについての日本語版パンフレット(pdfファイル)です。DNAバーコーディングについてもっと詳しく知りたい方はご覧ください。[pdf]

バーコードオブライフ Barcode of Life (BOL)

DNAバーコーディングに関する国際プロジェクトです。

Consortium for the Barcode of Life (CBOL)

Consortium for the Barcode of Life (CBOL)がBOLの中心的な役割を担っています。CBOLは2004年に設立された国際組織で、アメリカ合衆国のワシントンに事務局があります。現在、45カ国以上から150を超える機関や組織が加盟しており、我が国からは、国立遺伝学研究所日本分類学会連合が加盟しています。

CBOLの活動はDNAバーコード領域の決定や作業プロトコルの標準化などの規格面から、DNAシークエンス法の簡便化・低コスト化などの技術開発に至るまで多岐にわたっています。現在、鳥類(ABBI)、魚類(FISH-BOL)、昆虫綱チョウ目(All-Leps)などの重点プロジェクトが展開されており、分類群や地域毎に網羅的なDNAバーコードインベントリーが作成されています。

Barcode of Life Data Systems

Barcode of Life Data Systems(BOLD)は、BOLにおいて、DNAバーコードに関する様々な作業を効率的に行うために必要なシステムを開発・提供する組織です。現在、以下の四つのシステムがBOLDによって提供されています。

Database
登録してあるデータの検索
Taxonomy
バーコード化された分類群の情報
Identification
DNAバーコーディングに基づく同定支援システム
Workbench
DNAバーコードの登録、研究プロジェクトの管理やデータ分析を行うためのシステム

これらのシステムは全てホームページ上で提供されているため、インターネットを通じて誰でも利用できます。

DNAバーコードを業務目的で利用したいとお考えの方へ

DNAバーコーディングという手法を実用化するのに必要なデータベースや同定システムは全てフリーで提供されております。

しかしながら、このプロジェクトはまだ情報の集積が始まった段階なので、同定したい分類群の情報が十分に集まっていない場合も考えられます。このような場合にはバーコードによる同定の精度は低下します。

また、産地偽装や品種偽装といった、より細かいレベルの変異の検出には、この手法自体が使えない場合があります。
これらのことについて、ご承知おきください。

ページの先頭へ戻る